試験官のバイトは結構稼げます。

私が大学生の時にした稼げるアルバイトの中で、稼げると感じたのはTOEICという英語の試験の試験官のアルバイトでした。
年に数回、学生を対象とするTOEICの試験があり、その運営先から学生を対象とした求人が行われていました。
支払いは日給で14000円でした。試験日の前の事前講習会と、当日の準備及び運営、撤収作業を含めての金額です。
実働で8時間くらいだと記憶しています。これだけだと、時給が1700円くらいなので少し時給の良いバイトという印象程度ですが、仕事内容がさほど難しくない、
そして試験時間を行っている2時間は、試験会場内を巡回する程度で済むというのも稼げると感じる理由です。
仕事内容自体がとても簡単なのです。
運営マニュアルが事前に配られており、それを事前に目を通しておけばある程度の運営の流れは分かります。当日は、そのマニュアルに従って、時間だけを気にしながら
テストの問題用紙や回答用紙の配布と回収、音源の操作、受験者へのアナウンスを行うのみです。
準備としては、プリント類の机への設置や、案内板の設置程度ですのでとても簡単です。これを、各試験会場2~3人のアルバイトで行うので、作業の分担さえきちんと決めておけば、
かなり時間的にも余裕があります。1時間の休憩も含んでいるので、働いているという感覚はほとんどありませんでした。
試験中と回答用紙などの回収の時だけは、不正や回収漏れがあってはいけないので気を遣っていましたが、それも3時間程度でした。
ですので、私としてはほとんと働いているという感覚もなく、一日に10000円を超える収入を手にする事ができる、とてもおいしいアルバイトでした。